最新2010年08月の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たとえば君が

カテゴリ:Others

08/26

読みかけの本に
挟んだ白い花
野原に咲く
ありふれた花だけど

思い出になると
君が摘んで来た
笑顔に似て
はじけそう目の前で

忙しい毎日で
すれ違いばかり
どんなにか寂しい思いを
させているよね
上手く言えない
僕だけど

たとえば君が
記憶をなくして
世界に取り残されても
僕は必ず傍にいよう
二人だけの新しい
歴史を創るために



一日のどこか
ふとした瞬間に
会いたくなる
ありふれた恋みたい

メールならできると
君に送るのは
絵文字もない
顔文字もなにもない

人のため傷ついて
泣きそうなくせに
ひどいこと同じ思いを
させているよね
口に出さない
君だけど

たとえば君が
時間をなくして
最後の一秒になっても
僕は必ず傍にいよう
二人だけで息をして
明日を語り合おう


たとえば君が
未来をなくして
夜空に泣き笑い見せても
僕は必ず傍にいよう
二人だけで他にない
隠さず泣いていいよ
スポンサーサイト

君の心

カテゴリ:Others

08/21

周りを見渡せば見渡す程

自分だけが輝いていないと

自信を失くしかけてる君


君の心は

誰よりも繊細だからこそ

心が苦しくなるんだよね


でもね周りなんて気にしちゃダメだよ

君は君なんだから

君の個性を大切にしながら

君の出来ることをすればいいんだよ

焦る必要なんてないんだよ


周りを見渡せば見渡す程

ポツンと一人

取り残されてるような感覚に

襲われてる君・・・


君の夢

君の願い

君の想いは

君だけのものなんだから

ゆっくりと歩んでいいんだよ


そして

心の真ん中に


強く強く想い続ければ

強く強く願い続ければ

諦めない心を忘れなければ

君自身の心を信じきれば

君の心は


明日への煌めきとなり

希望の輝きとなり

夢の光となるんだよ


そして

いつか いつかね

きっと きっとね

君の想いは伝わるよ

君の想いは届くよ

君の願いは叶うよ


そして

君の夢に辿り着くから

大丈夫だよ

カテゴリ:Others

08/20

疲れた両手から零れ落ちて
地面をたたく小さな雨粒

髪をぬらした君の横顔
淡い笑顔の中ゆっくり歩いて

夏が近づき
新緑の葉が

揺れるさわやかな
風に思いをはせて

雨音小さく包み込んで
夜の寒さに心も暗く落ちて
隣の君の寂しそうな
淡い笑顔に私も涙が落ちる

せわしくすぎる人の流れ
夕空になびく飛行機雲

足元の小さな水溜り
飛び越えて二人笑顔になる

夏の木漏れ日
身体に感じて

揺れる小さな小枝と
君の細い手

雨音小さく包み込んで
夜の寒さに心も暗く落ちて
隣の君の寂しそうな
淡い笑顔に私も涙が落ちる

心紅

カテゴリ:Others

08/19

動かない時計
静かに聞こえる鼓動
それしかき聞こえない

歩く人々
交差点 
一人で止まって
動けない私
止まらない罪

噴出しそうなこの思い
世界は遠くへ

心は紅く染まり
溢れる鼓動
突き詰める雨音
振れる視線
伸びる手
薄れる感触
水が流れていく


動き出す時計
鼓動さえ聞こえず
秒針の音だけ

笑う人々
罪悪感
一人悩んで
叶わない私
終わらない罰

飛び出しそうなこの思い
世界と私と

心は紅く染ま
溢れる鼓動
突き刺さる雨音
揺れる視線
開く手
消える感触
水が乾いていく

私はたたずみ
世界は回り
太陽は昇り
月は沈む
人が生まれて
人が死んで
言葉は生まれて
言葉は死んで

心は紅く染まり
終わり行く鼓動
引き裂かれる雨音
霞む視線
崩れる手
忘れ行く感触
水は飛び散って

秋桜

カテゴリ:Others

08/19

手を伸ばすよりも早く
君は僕から離れて行く
太陽が登ったと瞬きすれば
次の瞬間には沈んでいる

成層圏にたどり着いたイカロスの
体中に断熱材を
こうして達成宇宙遊泳
現実だらけの幾何学模様

日記帳は灰の中
グリセリンで立てた髪
牛丼に群がる白髪と禿頭
詩人は今日も道の上

イメージばかりが花火のように
独立して打ちあがり連続性もなく消えていく
蝋人形を溶かすくらいの
ちゃちな恋愛劇を下さい

複雑なシナプス回路のせいで
僕の体はなかなか動かず
君はかろやかな足取りで
僕の視界から消えていく

秋桜秋桜宇宙の離
秋桜秋桜偶れの名前
カラカラカラスが騙るから
カタカタ騙る
コスモスの花は咲いている
……秋桜はただ咲いている

秋風とともに消えた君の
電話番号を僕は知らない
一人で歩いた道の土手には
カラスと秋桜と宇宙の果てが
一緒に渦を巻いている

眼を開ければ一面の空
宇宙とカラスは夜に溶け込み
僕の免疫は弱々しくて
くしゃみも小さく夜にさざめく

コスモスの花は地面と一緒に
君の体は地球と一緒に
カラスと最果ては夜と一緒に
蝋人形は屹然としたまま

08/16

なんで木は風で揺れるんだろ。
そんなに揺れては散ってしまうよ?

なんで蝉は鳴くんだろ。
そんなに鳴いては、1週間で力尽きて死んでしまうのに。

なんで人間は働くんだろ。
過労で死んでしまうよ?

なんで人間は生きるんだろ。
最後はみんな死んでしまうのに。

なんで自分はここに居るんだろ。
泣きたくなるだけなのに

『霧』

カテゴリ:Others

08/16

白くぼやけた視界。

見たいと願ったその先。

とりあえず照らした光。

反射した光で何も見えない。

全く掴めないその正体。

敵か味方かさえ分からない。

視界が晴れるまで休みたい。

逃げたり、甘えたり、愚痴ったり。

孤独の時間は長く辛い。

それでも先へ進むしかない。

手探りで探すボクの未来。

切り開く1歩はココロ次第。

感謝

カテゴリ:Others

08/16

今の自分を好きになれない 何も無い自分を

心の目次は所々空欄で 順番に羅列もしてない
ちぐはぐになっていて いつもそれを隠そうとする
体だけ大人になり   経験は半人前

そんな僕が歩みたいと思う 自分の作るレールを

そこに本当の自分がいるのかいないのか
まったく自信が無いが
歩もうと思う 方向を定めて

朝日の色が僕をそんなふうに染めていく
そして今、朝日が見れる自分と自分の周りに感謝する

08/16

数え切れない 後悔がある

わかっていても 繰り返す もの

数え切れない 傷跡がある

わかっていても 取り戻せない もの


ああ、今日も やってしまった

ああ、人に頼ることの 甘さ

ああ、どうしてこうも うかつに

心を乱してしまえるのだろう


強くありたいと 願うのは

きっと 僕が 弱いから

強くありたいと 願うのは

きっと 僕が 寂しいから

強くありたいと 願うこと

日々が とても 苦しいから


数え切れない 後悔とともに

歩いていけ 歩いて 歩いて いくんだよ

数え切れない 傷跡とともに

はいつくばって 進め 進め 進め



苦しんだって 見てよ 僕は僕だ

悲しんだって 見てよ 僕は僕だ



終わったこと それは 終わったこと

終わったこと それを 引きずったって

終わったこと それは 終わったこと


目を覚ました後に来るのは 明日だよ

息を止めて泣いた次に来るのは 明日だよ


どうしよう きっと 来るのは 明日だ

08/16

腕をもがれて
足をちぎられて
目を奪われて
鼻を取られて
耳を削がれて
口を裂けられて
意識だけ残されて

何も無いような自分
それでも感じたもの

心臓の鼓動

何も無いような自分でも
まだ生きてるんだ
まだ生きていいんだ

何も無いなんてもう思わないことにしよう
生きているということは
何かが「ある」ってこと
例えそれが何か分からないままでもいい

何も無いはずの自分に
生きるだけの理由がある
何も無いような自分に
生きられる何かがある

意味や答えを捨てれば
それはどんな時だろうと
自分にとって希望になる

腕も足も目も鼻も耳も口も、触れるもの、見えるもの、嗅げるもの、聞こえるもの、発するもの…

そんな当たり前の全てが
自分にとって希望となる

何も無いはずの自分は
もうこれ以上に無いほど希望に満ち溢れていた

08/16

もう いいじゃん

頑固に生きてきた
自分を褒めてあげると

世界が変わった

許せない人がいたならば

それは自分自身を許せていない証拠なのだと気づき

もっともっと
わたしを褒めてあげると

許せなかった人さえも褒めたくてしかたがない

許せない人の許せない部分を
その人のスタイルだと認めると

自分の許せなかった部分が
可愛くてしかたない

なんだ。。。
こんなに簡単な仕組みだったのか

もう いいじゃん
許せない人がいても

もう いいじゃん
自分自身を許せなくても

ただの自分の空回り

ただそれだけのこと

もう いいじゃん
褒めるだけで幸せになるのなら

たった一日だけでも
やってみたら
いいんじゃん?

Love & Peace

カテゴリ:Others

08/16

合言葉は   「Love & Peace」

いつの時代も 「Love & Peace」

世界に向けて 「Love & Peace」

みんなで叫ぶ 「Love & Peace」

君と僕も   「Love & Peace」

見知らぬ誰かも「Love & Peace」

力いっぱい  「Love & Peace」

涙の後は   「Love & Peace」

世界を繋ぐ  「Love & peace」

合言葉は   「Love & Peace」

愛の言葉   「Love & Peace」

心が綺麗な人は

カテゴリ:Others

08/16

心が綺麗な人は
ただ書くだけで
詩になるのを
なんども見たから
この詩が書けた
心が綺麗な人は
惹かれる表現をする
なんどもなんども
繰り返しているけれど
見える景色はさまざきで
なぜか惹かれる
詩を書くのではなく
なんとなく気持ちを描く

08/16

がんばるしかない
がんばるしかない
今のボクたちはがんばるしかないんだ

誰かに名前を呼ばれた気がして
振り向きざまに見上げた空は
いつもより蒼くて何故か涙がこぼれてきた

失敗恐れて逃げ出す度に
つまずき転んでは
弱気な自分を思い知るけど

自分で自分を信じてあげなきゃ
何もできない
何も変わらない
何も始まらないのさ

だから
がんばるしかない
がんばるしかない
今のボクたちはがんばるしかないんだ


朝が来たら
とりあえず生きればいいって年じゃないし
悲しいからって泣けばいいってわけでもないし…

人間は
少し嬉しく
少し悲しい
それぐらいがちょうどいい生き物

自分で涙を拭いて進まなきゃ
何も見えない
何も感じない
何も始まらないのさ

だから
がんばるしかない
がんばるしかない
今のボクたちはがんばるしかないんだ

たまには走ろう精一杯
ゴールを決めずに
前へ前へとさ

だから
がんばるしかない
がんばるしかない
今のボクたちはがんばるしかないんだ

自分自身の創造

カテゴリ:Others

08/16

感動して 自分自身を見つける

活動して 自分自身を育てる

感謝して 自分自身に気がつく


生きているって、自分自身の創造

自分は自分と共に 在り

100

カテゴリ:Others

08/16

世界に100人暮らしてて
ランドセル背負えるお金がなくて

「世界で一番 不幸な奴だ」

誰かに んなこと言われても
ボクはこう言い返すんだ

いや 違う ボクは
世界で100番目に「幸せ」なんだ

「不幸」なんて言葉
知ってるキミの方が
よっぽど可哀相だ


真っ直ぐススムの下手なんです

100歩先にある目的地まで
蛇行してたら届かなくって
定規で道引くアイツは笑う

ボクはキミから50歩手前
だけど 「100歩に変わりはないだろう」

地図にない場所 道草食おう
200歩 余分に歩いてみたら
未知に満ちてる道 認知

ぐるぐる ぐるぐる
歩いてみたら
「∞(無限)」に広がる
未来(パノラマ)見えた


100回「好き」って言われたい
そんなアナタに質問です
1人に100回「ありがとう」
心を込めて言えますか

それができたら

「愛するとは」
きっと 必ず解るから

たった1回の「ありがとう」
その望み もしくは
きっと それ以上
嬉しいことだと解るだろう


ただただ「白」いキャンバスと
「一」本 色鉛筆あれば

ほら 「百(カラフル)」世界が描けるよ

ビリでも誇れば良いじゃない
地球は丸くできてんだから
後ろ振り向けば
一位の奴が追って来るだろ

最後に残ったパズルのピース
そんな存在になればいい

気持ち、新たに

カテゴリ:Others

08/16

うつむきながら
過ごす日々に
さよなら告げるため

新たな気持ちを
探す旅へ

ひとり部屋に
こもってちゃ
見つかるわけないさ

無意識に
うつむきそうな顔
しっかり上げて
いざ外の世界へGO!!

しっかり前を見て歩き
街に足を踏み入れれば

優しい風も
吹いてることに
気づけるはずさ

ほら ごらんよ
僕らの暮らす
この街にもまだ

こんなにたくさんの
笑顔たちが溢れているよ

大切な笑顔を
見えない空気に乗せて

温かな風を吹かせてる
人たちがいるだろう?

君もこの街に
笑顔の風を
吹かせるんだ

それができたなら
どんなにか
素晴らしいことだろう

街は優しさを増して

もっとみんなが
暮らしやすい

君も暮らしやすい街へと
ほら 変わって行くよ

その時は きっと
うつむき方なんて

空の向こうへと
吹き飛んで
忘れてしまってるさ

さぁ 気持ち、新たに
新しい暮らしを
スタートさせよう

こころひとつ

カテゴリ:Others

08/16

こころひとつで
こんなに幸せになれる
こころひとつで
こんなにも不幸になる
空を見上げて
前を見つめて
道を踏みしめていこう

道はのぼり坂で
まるで階段のようで
やすみやすみ
一歩一歩
それでも歩けば前に進む
それがうれしくて

のぼりながら
ふと振り返ると
青い空
広い空
それから
長い道

いくつもの枝分かれが
本当は無かった事とか

のぼる道の先の
見えなかった
新しい道の事とか

見えてくる

つばさ広げて
空をのぼろう

のぼり坂を
一歩一歩
踏みしめて歩こう

振り返ると
青い海
白い月

ぜんぶ
ここから

ぜんぶ
こころひとつ

いままでも
これからも

08/16

未来なんて誰にも見えない

誰も知りえない 誰もわからない

怯えていても仕方がない

その足は何故震えている

この分岐点をどれか選んでくれよ

たとえそこに光が見えなくても

歩き続ければいつか掴めるだろう

だからここに別れを告げて

歩いて行こう 遠い所へ

手探りの未来だから

傷つくことは当たり前なんだ

遥かな未来へ 今…

08/16

夢や希望 持ち続ければ毒になる
多すぎる希望も毒になる
大きすぎる夢も毒になる
両方を沢山望んだ人
それは不幸な人

人は所詮人であり 人でしかない
だから沢山なんて できやしない
多くの事も    できやしない
それでも望みを捨ててはいけない

夢を見るのが大好きで
沢山の希望を望んで
色々な事が嬉しくて
不幸だって自分を呪わない
そんな人が見る夢は
絶対に絶望じゃない

夢の終わりに見つけたモノは
全てを照らす
心の中の
光輝く 一掴みの小さな望み

祈り

カテゴリ:Others

08/16

I wish...
すべての子どもたちが
武器の使い方を教わることなく
大人へ育っていけますように

I wish...
すべての大人たちが
憎しみや悲しみを教えることなく
子どもを育てていけますように

I wish...
すべての動物や植物が
一つの種類も欠けることなく
未来へと受け継がれていきますように

I wish...
すべての伝統や文化が
一つの種類も壊されることなく
未来へと受け継がれていきますように

I wish...
すべての国々が
不必要な痛みを伴うことなく
紛争を解決していきますように

I wish...
すべての人々が
不必要な苦しみを伴うことなく
安らかな眠りにつけますように

I wish...
I wish you to be happy
あなたが幸せになれますように

08/16

思いやるということは
言葉にするほど易くない

相手を思って成した事が
その人の求めていたこととは限らない
相手を思って成した事で
その人を傷付ける時もある

私達は一人一人の人間で
一人一人の感性や価値観がある

同じじゃないから
全てなんてわかるはずないから
相手の立場に立ったつもりでも
結局は自分の物差しを基準にするしかない

それならせめて
自分が許せない事を
他人にすることだけは
したくない

分からないと投げ出すより
狭い自分の世界の中でも
必死にもがいて

それでいつかそれが間違いだったと気付いても
後悔は残らないと思うから

それが私なりの
大事にするということ

ただ

カテゴリ:Others

08/16

ただ自分を大切に信じてみる
ただ自分に素直に正直になる
ただ自分に優しく受け入れる

自分のことって一番分かってるつもりで、わからない・・・
自分にできないことを大切な人達にできるとは思えない
だからまずは自分。
前に進みだそう
自分はひとりじゃない

心の種

カテゴリ:Others

08/12

夢の種 実は誰でも持ってるんです
そうだな 心の中のどの辺だろう
外から見ることができないから
どこにあるのかの説明はしにくいな


ただ ふとした瞬間に その種は芽生えます


明日に向かって動こうとした時
なりたい自分を見つけた時
希望って光が射し込んだ時


たぶん人によってそれは色々なんだろうけど
でも 少しの間 水をあげないだけで
その種は枯れちゃうんです
折角芽生えたのに 枯れちゃうんです


心の種ってのは 我が儘なヤツで
水をあげなかったり
栄養が足りなかったり
陽が差さなかったり
ちょっとしたことで すぐに枯れちゃうんです


でも絶え間なく想いを込めて
毎日毎日丹念に育てれば
必ず元気に育って
大きな大きな花を咲かせます


一度開いた大きな花は枯れることなく
あなたの心の中に咲き続けます


どんな色の花なのかは
そうだな 咲いてみてからのお楽しみ


きっと想い描いた分だけ
鮮やかな色に染まるんだろうな


でも実はね 心の種ってのは
一人がひとつだけなんじゃなくて
心の中の色んなところに落ちてるんです


ほら あっちにもこっちにも
色んな形の種が転がってる


早く咲く種もあれば 時間がかかるものもある
小さな種もあれば 大きな大きな種もある
なかなか全部を一緒に育てるのは難しいから
ひとつずつひとつずつ
しっかり想いを込めて育てていこう


ひとつの夢の種がなかなか花を開いてくれなくても
それを諦めないこと投げ出さないこと
ましてや踏んじゃったりとか絶対にしないこと



花を咲かせない種は心の中には存在しないよ



人の心の中が見えないのは
どこまでも広すぎて見渡すことができないから
でもね人の時間には終わりがあるから
その時が来るまでに
一体どれだけの花を咲かせることができるだろう


どうせならさほらいっぱいの花を


心の中の花を満開にして
沢山の花を咲かせていたいよね
例え人からその花畑が見えないとしても
咲いた花の数だけあなたの幸せは増えていく


花一つ咲いてない花畑なんかさ
絶対つまんないじゃん
色んな鮮やかな色に包まれた
そんな花畑にしていきたいよね


誰もが持って産まれた種
それを持ってるあなたの心なんだから
誰よりも綺麗な花畑にしちゃえばいい
途中で投げ出したりなんかせずにさ
もういっかいもういっかい
何度でもいくつでも育てていこう



あ、最後に
その花の名前はね
「幸せの花」


それとあなたの心の中をね
見ることができる鏡
実はひとつだけあるんだ

でも誰が持ってるかわかんない
でもいつかは必ず出会えるんだよ
その鏡を持ってる大事な人に
ちゃんと出会えることができたなら
二人でだけ育てることができる花があります

産まれた時から誰かと半分コずつ持ってる
世界で二人だけの愛の花

君と共に

カテゴリ:Others

08/12

少しだけ話させてもらっていいかな
ちっぽけな僕が精一杯の気持ちを込めて
あなたに捧げる 愛の唄


例え呼吸をしているこの瞬間でさえ
ただ終わりに向かっていくものだとしても
僕が今この手に握っている
僕が今この胸に抱きしめている
ただあなただけを想うこの気持ち
これだけあれば 充分って思うんだ


そりゃ生きてく上でさ
それだけでいいなんて言ったら嘘くさいかも知れないけど
?あなたといるこの瞬間?
それより輝くものなんて この世界にあるのかな


言葉にも形にもできないもの
それが本当にあるんだって
あなたは僕に教えてくれました


あなたといるかけがえのない時間
心の全部で感じる 何よりも暖かい僕らを包むこの時間
目を瞑っててもあなたを感じる
見えない糸を伝って あなたの鼓動を感じる


きっとふたつの心臓は
ひとつに重なってて
絆って気持ちで繋がった二人は
きっと離れることはないんだよ


優しい優しい空気に包まれてさ
そうだな ありふれた言い方なんだろうけど



「やっぱり僕は君が好き」



これからどれだけの言葉を
これからどれだけの想いを
君に伝えて行けるだろう


伝える度に目一杯の想いを込めるけど
どうしてもしっくりこないんだ
この感情を全部あなたに伝える為の言葉
それをきっと僕を知らない


だからせめて君を抱きしめて
言葉もなく ただ君の鼓動を感じて
一緒に生きてる 一緒にいるんだって
そう 感じていたい


君と出逢って
見上げる空の色が変わり
感じる風の香りが変わり
僕を包む全ての景色が変わり
広がる世界は一層の輝きを放ち
遙か先の未来まで
はっきり見渡せるようになりました


その広がる景色の中で
いつも僕の右側には
笑顔を向けるあなたがいる


好きになればなるほど不安になることもあるけど
どうしてかな 君といるこの瞬間は
幸せって感情以外は与えてくれないんだ


そうだね うん 決めたよ
ふたりでいる時間の中で
いっぱい見つけてきた好きのカケラ
もうふたりの両手じゃ持ちきれそうにないから
そろそろ愛に変えちゃおう


掴んだこの想いをぎゅっと握って
ただひとつだけ叶えて欲しい
今まで信じたこともなかったけど
見えない神様
いつまでもずっと
同じ時間に包まれていられるように


そして願う
ずっとずっと
「君と共に」

08/12

過去のあなたは 今を紡ぐ糸
見えない切れない糸 大事な大切な糸
過ぎた日の糸は 今のあなたを紡ぐ優しさ
どんなに辛い過去を繋ぐ糸でも 繋がってることにはちゃんと意味があるんだよ
乗り越えて
進んで
生きていてって
それは自分から自分への大切なメッセージ
あなたにしか聞こえない心の音


潰されそうな現実を抱えてても あなたを優しく包んでくれる糸


でもね 繭に篭ってちゃダメだ
部屋にこもってさ 自分から扉の鍵なんかかけちゃダメだ
自分の未来への可能性を どうか自分から塞いだりしないで
どんなに高い壁で囲ったところで
心の底では世界で一番暖かいノックを待ってんだろう?


人を拒んだりしないで
優しさに怯えたりしないで
裏切りはないなんて綺麗事はいえないけど
全部が辛かった思い出かい?
全部が必要ない思い出かい?
違うよね ちゃんとあなたを支えてくれてる優しさもあるはずだよね
だって 今まで一人で生きてきた人なんていないよね
誰かがちゃんと支えてくれてたんだよね
あなたがあなたである為に ちゃんと優しさと温もりで包んでくれてたんだよね


怖がらないでいい
見えないからって怖がらなくてもいい
大丈夫 あなたは一人じゃないから


そりゃ嬉しいことばかりって綺麗事は言えない
悲しみと幸せは代わる代わる
いつかまた あなたを泣かせてしまうこともあるかも知れない
でもね 最後に待ってるのは絶対晴れだ


立ち止まっちゃいそうな今でもちょっとだけ僕のことを信じてくれないかな?
言葉が信用できないってんなら 気持ちをいっぱい送るから
連れてくよ 繋いだ手は離さない


ねぇ 約束しよう
ほら 指切りげんまん
未来へ続く約束
絆って名前の約束


約束の糸は赤い色
二人を繋ぐ思いはピンク色
話す言葉に込める思いは鮮やかな黄色
吹き抜ける暖かい風は緑色
二人のいろんな色は混ざり合ってさ
僕らの約束は虹色に変わる


じゃあ虹色って約束橋を架けたなら
心を繋いで歩こう
手を繋いで渡ろう
足元なんか見なくてもいい
心の掛橋は消えたりしない


約束は消えない
約束は続いてく
約束は運んでく
僕らを眩しい世界に
最高の世界に

08/12

君のためにありふれた歌を唄っていいかな
大切なものが心の外にこぼれないように


例え空回りだって
そんな君の心が明日を生む


ぼんやりと明けて行く空を見上げ
包む景色を眺めてみる
どこかで似たような日々だって思っても
今の全ては、君にとってきっと特別


あなたはあなたなんだから
もっと自分を好きになろう?
自分の歌を唄って
心の中を見てみよう

ためらう前にその手を伸ばして
僕がその手を握って
明日へ連れて行ってあげる


一度躓いたからって
そこから逃げたりしないで
道がわかんないって嘆いて
全てを投げ捨てたりしないで


疲れたのなら僕が力を分けてあげます


あなたを包む色んなことにあなたは傷つきながら
けれど自分のことを信じたくて泣きそうな時は
僕が君の全てを包むから


今の自分がどれだけちっぽけに見えても
道は必ず約束の場所まで続いて行くんだよ?


手をつないで
心を結んで
君が夢見た夢が輝くその場所に
希望って花を僕が届けるから


僕が見つけたもの
君がなくしたもの
僕がなくしたもの
君が見つけたもの
一人じゃない
きっと二人なら見つけられるから


何度でも描こう
想い夢見た輝く未来を
どれだけ季節が流れても
ずっと二人で花を咲かせて


きっと誰もが自分の中に夢の種を持ってて
いつか咲くその日のために
人は大事に育てて行くんだね


あなたと出会えて
どうして僕が生まれてきたのかを知りました


揺れる揺れる日々を越えて
長い長い道を進んで


生きたい君と
離れなくない君と
一人より二人がいいよ
僕は君と二人がいい

例え不器用にしか生きられなくても
そんな君が僕は好き


明日に続く空
ずっと二人で眺めていよう
果てない未来に続く道
ずっと二人で歩いて行こう


突き抜けるように眩しい青
これから見る二人の明日が
ずっとずっと晴れていますように
誰よりも好きだって思える君と
ずっとずっと
一緒にいれますように

08/12

希望を与えてくれる物や人。

力強く光放つ。

誰もがその中に入りたい。

みんな希望を抱えて生まれたはずなのに。

差が出てくるのはなぜなの。

私も光り輝きたい。

消えないように祈りながら。

みんな生きてる

カテゴリ:Others

08/12

嫌なことって少なくないけど
好きなことって無限だと思わない?
だって、すごいんだよ?
今だってほら、僕は生きてる


サヨナラとかトラウマとかイライラとか
何だか「うはぁ?・・・」ってなるけどさ
レンアイとかオモイデとかウハウハとか
「なんて素敵!」ってなるじゃない


自分にもうちょっと甘くていいよ
無理強いなんてしないから


好きにならなくたっていいよ
好きになるから


すごいでしょ?
だって ほら
みんな生きてる

言葉の壁

カテゴリ:Others

08/12

構築する言葉
理解は出来なくても
上手に伝えて
糸を手繰れば一つになるはず

貴方と同じ「人」だから
異国の衣を纏っても
悲しみや楽しみは
心で証明できるのだ

怖がらずに そのままの君を
その一歩は新しく進化させ
望んだ開花は自分を称えて
理屈よりも感覚だけで響く世界なのだ

幼き心を隠すよりも
その?がりを広大に届け
潔く認めることこそが
全ての平和への近道かもしれないから・・・

カウンター

検索フォーム

FC2ランキング

プロフィール

リンク

gremz

夢を叶えるための名言集

星が見える名言集100

ねこ時計(学校編)

カウンター

とも申請フォーム

過去記事(ログ)スクロール

最近の記事

最近のコメント

ジャンル

天気予報

レベルアップ

お天気パーツ

読書カレンダーBLACK

Archiveα+Daycount

Time is Money

プレスブログ

Yahoo!ログール

インターネット募金

リンク

メールフォーム

オンラインカウンター

国盗りカウンター

カウントアップカウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。