2009年07月の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Love Song

カテゴリ:Others

07/09

この想いが 君に 届くならば
いつまでも いつまでも 愛を語ろう
So, please belive this love you and me, with me.
So, I singing love song
I want to be your love so, please for me.


君と出会ったあの日から
いつまでも 君のあの笑顔が脳裏に焼きついている
この故意は 叶わないって分かってる
でも、ただ君が好きだから・・・
君が 振り向いてくれなくれなくっていい・・・
俺が君を 守るから・・・
だから please おねがい
俺の横で笑ってて


この想いが 君に 届くならば
いつまでも いつまでも 愛を語ろう
So, please belive this love you and me, with me.
So, I singing love song
I want to be your love so, please for me.


俺が 君を思ってるなんて
君は 知るよしも ないだろう
でも 知らなくっていいんだ・・・
だって 今 君は 笑っているから・・・
俺が 君を 笑わせるから
だから please おねがい
俺の 横で 笑ってて


この想いが 君に 届くならば
いつまでも いつまでも 愛を語ろう
So, please belive this love you and me, with me.
So, I singing love song
I want to be your love so, please for me.
この想いが 君に 届くならば
いつまでも いつまでも 愛を語ろう
So, please belive this love you and me, with me.
So, I singing love song
I want to be your love so, please for me.
スポンサーサイト

07/09

風が舞う 色が染まる
キミの声 僕の声が響く

走り出した 僕らはまだ 幼くて
きっと どこまでも 走っていけると
信じてたんだ

ほら 飛び出せここから
声が響く 校舎から
声が届く 校庭へ 走り出す

風が舞う 花が散る
僕の声が キミに届く

「僕らはきっと、大丈夫」
なんて 平気な振りして
笑っているんだよ だけど……
ほら キミが笑う
その瞬間を 追いかけていきたい
残りの時を 数えなくても
これからを 数えなくても

「僕らはきっと、恵まれている」なんて
笑いあってるけど 本当に そうなのかな
ほら どうして キミは泣きそうなの?

LASTの一秒 ほら走り出せ
一分一秒も 無駄にはしない
キミと過ごす 日々の意味を
今 やっと わかった気がするんだ

「僕らはきっと、平気だよ」
そう言って ずっと笑ってたい
平気な振りでも いいから
ほら 微笑みかける
その瞬間を 逃したくない
過去を 数えなくても
未来を 数えなくても

ほら 笑っていられるから

風が去る 花が咲く
僕らの声も みんなに届く

「僕はいつでも、笑える」
そう言い 続けたいんだ
嘘でも 真実でもいつか
ほら ホントのコトになる
その瞬間を 手に入れたい
あと何年も 要らないから
あと何秒も 要らないから

フェイク

カテゴリ:Others

07/09

狭いショーケースに閉じ籠り
外をチラチラ確かめる
「窮屈に感じるけれど
怖いものはなくなったの」

自虐的な言葉の海に
溺れている人 ただ眺めて

「これも全部嘘なんでしょう?」
ヒステリックに責める人
寂しがり 独り善がり
自分自身だけが見えていない


声枯らして歌うけれど
そんなとこじゃ聞こえないんだよ
素通り人の袖掴み
潤んだ目でただ「行かないで」

壊れてしまいそうな人の
尖ったナイフは柔らかい

「離れていくなら寄らないで」
ヒステリックに叫ぶ人
寂しがり 独り善がり
それでも誰かを求めているの?

独りただずむ君はまだ泣いている
君に気づいてほしそうだよ

「これも全部嘘なんでしょう?」
ヒステリックに責める人
寂しがり 独り善がり
自分自身だけが見えていない

悲しい嘘に隠された
真実は見抜けているの?
君が見ているものは
きっと妄想で作られただけのフェイク

7月7日

カテゴリ:Others

07/07

満点の空に流れ星が
君と僕との星

時よ止まれと思った
僕たちの夏だった

7月7日の七夕
君の願い事は可愛らしい
僕は天の川に願いが叶うことを願った
君の願い事は叶ったかな?
君の願いが叶うこと
それが僕の願い
  
君の目に映るその星は
輝きに満ちていた

その時の君の笑顔は
どんな星よりも
輝きを感じた . . .

桜、雪、刹那

カテゴリ:Others

07/07

全ての終わりと全ての始まり 
それは桜が咲いていたあの日
爛漫の桜吹雪(はなふぶき) 
色々な花びら(こころ)が交差して

神社の境内にひらり風の如く 
舞い降りた花びら
何も知らなかった僕の前に  
舞い上がったボキャブラリー

強く在りたい 
何度そう願ったか
優しく高く 
そうありたいと幾度も願った 
  
天(そら)高く降り積もれ 
全てが白(じぶん)に染め上がる瞬間(とき)が
きっと優しくなれる時 
貴方もそうなんだよ
まるで名の無い雪の様に 
儚く降れる桜の様に
優しく在れる僕で在りたい


微笑みと云う名の仮面(しきい)を 
外せる様になったのはあの日かな
爛漫の刹那雪(せつなゆき)が  
全てを包むように振り重なって

独りと云う心の密室(へや)を強引に開いて 
外へ連れ出した雪達
空白しか要らなかった僕に 
突然送られてきたプレゼント

瞬き輝き包み込め 
そっと漏らした微笑みで
貴方が優しくなれるのなら 
僕はずっと微笑んでいよう 
仮面なんて壊して 
そっと辺りをぐるりと見渡してごらん
そこには貴方の倖が沢山溢れているよ


全ての優しさを拒絶していた 
ずっと怯えていた
哀しさと寂しさを彷徨っていた 
だけど雪が溶け桜が舞えば
貴方の心も爛漫の倖が溢れかえる


笑って影に隠れないで 
何かあっても白く戻せる私になるから
例えどんな色に染め上がっても 
貴方は貴方でいいんだよ
少しずつ自分の倖(いろ)に染まればいい 
リセットボタンはないけれど
自分で在れるその色でいて欲しい

天高く舞い上がれ 
全てが白に染め上がる瞬間が
心から優しくなれる時 
だから嘆かないで
白銀に染めし雪の様に 
桃色に染めし桜の様に
優しく在れる僕で在りたい

例え全てが傷ついても 
凛と咲いて在(い)たいから
優しく高く在(あ)れる僕で生(い)るよ

カテゴリ:Others

07/03

電話越しの世界は
君の世界で
全てを変えてくれそうな
そんな気がしたから

僕は流したんだ
懐かしき涙を
そしてまた溺れるわけさ
君の瞳に


「笑顔でいろよ」
そう言ってくれた君の背中は
追いつけないくらい大きくて
誰よりも大切だったはずなのに


星に願う僕を
きっとそっと
太陽輝く明るい世界に
導いてくれた

そんな君を僕は
裏切った
裏切った?
返ってくるのは風の音だけ


「わかんない」
それだけだった僕に君は
たくさんの答え教えてくれた
逢いたいだけじゃ叶わない


約束を果たすわけでもなく
「またね」と手を振るわけでもなく
静かに消えた
君の影

僕は待っている
懐かしき風
懐かしき声
懐かしき涙を


「笑顔でいろよ」
そう言ってくれた君の背中は
追いつけないくらい大きくて
誰よりも大切だったはずなのに

カテゴリ:Others

07/03

電話越しの世界は
君の世界で
全てを変えてくれそうな
そんな気がしたから

僕は流したんだ
懐かしき涙を
そしてまた溺れるわけさ
君の瞳に


「笑顔でいろよ」
そう言ってくれた君の背中は
追いつけないくらい大きくて
誰よりも大切だったはずなのに


星に願う僕を
きっとそっと
太陽輝く明るい世界に
導いてくれた

そんな君を僕は
裏切った
裏切った?
返ってくるのは風の音だけ


「わかんない」
それだけだった僕に君は
たくさんの答え教えてくれた
逢いたいだけじゃ叶わない


約束を果たすわけでもなく
「またね」と手を振るわけでもなく
静かに消えた
君の影

僕は待っている
懐かしき風
懐かしき声
懐かしき涙を


「笑顔でいろよ」
そう言ってくれた君の背中は
追いつけないくらい大きくて
誰よりも大切だったはずなのに

叶わぬ恋

カテゴリ:Others

07/03

君を好きになって
どれくらいの月日がたつのだろう?
もう二度と取り戻せない時間
僕は君の事を想うために使ってきた

でもこの恋は叶わない
目の前に立つ大きな壁

乗り越えればきっと
見えてくる 新しい未来
今なら高くジャンプして
大空をも飛び越えていける
君の事好きになって
本当に良かったって思えるように


窓越しに見える
笑っている君の横顔が…
でももう後には戻れない
僕は決めたんだ…君の事考えないって

馬鹿みたいだって気付いた
僕は君には似合わないって

君のいない生活
どうすれば 乗り越えられるの?
君が傷付くようなら
僕は君の側にはいかない
君の事好きになれた
昔の自分に憧れている


I look melancholy
I'll miss you. You made me happy


乗り越えればきっと
見えてくる 新しい未来
今なら高くジャンプして
大空をも飛び越えていける
君の事好きになって
本当に良かったって思えるように

君の事が大好きだよって
伝えに行くからね

叶わぬ恋

カテゴリ:Others

07/03

君を好きになって
どれくらいの月日がたつのだろう?
もう二度と取り戻せない時間
僕は君の事を想うために使ってきた

でもこの恋は叶わない
目の前に立つ大きな壁

乗り越えればきっと
見えてくる 新しい未来
今なら高くジャンプして
大空をも飛び越えていける
君の事好きになって
本当に良かったって思えるように


窓越しに見える
笑っている君の横顔が…
でももう後には戻れない
僕は決めたんだ…君の事考えないって

馬鹿みたいだって気付いた
僕は君には似合わないって

君のいない生活
どうすれば 乗り越えられるの?
君が傷付くようなら
僕は君の側にはいかない
君の事好きになれた
昔の自分に憧れている


I look melancholy
I'll miss you. You made me happy


乗り越えればきっと
見えてくる 新しい未来
今なら高くジャンプして
大空をも飛び越えていける
君の事好きになって
本当に良かったって思えるように

君の事が大好きだよって
伝えに行くからね

A maze in love

カテゴリ:Others

07/02

ざわついた日暮れ時の駅のホームで
繋いだ手が最後だろう
乗り込んだ地下鉄での会話もなく
車両の音しか聞こえない

次なる駅から私は一人になる
冷た過ぎるサヨナラ告げて

記憶の迷路で後悔だけが
抜け出せないよって叫んでる
君の面影を追ってしまえば
出口のない壁に着いてしまう運命
だからもう帰りたくない

無理矢理に押し込まれた君の笑顔
窮屈になるのは解ってる
残された悲しいだけの荷物に
忘れモノだとはぐらかして

誤魔化し続けた二人の恋路のレール
そう逃れた君が憎らしい

記憶の迷路で後悔だけが
抜け出せないよって叫んでる
君の愛しさは本当だったと
偽りも綴られないそれだけに涙
だけどもう帰れないの

My loneliness

カテゴリ:Others

07/02

期待外れな恋でも楽しく過ごせたのに
瞳の色を変えて絆を切ってしまう
僕は誰のずるさも全て解っていたのに
いつかスキを見て偽る君が居たんだね

子供じみた笑顔に一番惹かれていた
まさかそれが仮面だと早く見抜たなら

悲しいほどに my loneliness
涙に濡れないまま
微笑む自分は regret
この部屋から音を立て去る君に
ワガママに say good-bye

死んでしまった恋に命を吹きかける様な
出逢いが側にでもあれば保険は必要ない
あんな光景をもう繰り返さないと願う
怖いものは蓋をしても開けたくなるけど

不利な立場の僕を君は比べていないか
なんて想う自分が小さく見えるだろう

変わりもしない my loneliness
心は恨む暇もなく
反省を費やす one day
想い出など抱えたって意味ないと
強がりに say good-bye

キリのない痛みは my loneliness
朝焼けが胸を刺しても
動かない奇跡に smile again
この部屋には何もかもが残っても
ワガママに say good-bye

ワガママに say good-bye

秒針

カテゴリ:Others

07/02

想い出は時間に操られて
笑みも涙も曖昧だけど
せめて守る人の一部に
少しでも居残れますように

右手を取って歩く自分が
頼もしい存在だと言われても
ピンと来ないけど

一秒前の僕が一秒後のあなたに
あたたかな愛の灯を毎日授けよう
なんて想う間は手も足も出ないまま
理想だけが膨らんで
今日は一人酔いしれている

自分を知りすぎた人なんて
この世にいないと決め付けていた
だけどそれに添えられたいよと
調べ上げているあなたがいた

夜に現る星の数より
多くの幸せが生まれたらいい
二人を中心に

未来画を大袈裟に書き込んだって実際は
現実に圧倒され亡くしてしまうのかな
子供じみた瞳がわがままに尖ったまま
自分だけを突き通す
そんな余力があったなら

愛という証など口約束そのもの
信じても裏切っても僕らには見えない
そう皮肉ってみたって結局は欲しい物
縛られても心地よく感じてしまうから

一秒前の僕が一秒後のあなたに
あたたかな愛の灯を何度も授けよう
簡単には折れない特別な感情が
前を向いてさらけ出す
あなたを愛しているから

almost you

カテゴリ:Others

07/02

僕が泣いてしまえば
愛しき人は戸惑うのだろう
不安に耐えた体がそんな
容易く癒されるわけがない
救いの手はあなたの愛以外にないから

小高き想いに添えられるまでが
酷く長くて今は almost your love
孤独な朝を迎えないように
全てを掛けて終わらない your love

言葉の数の多さで
動いた心は緊張を解き
飛び込むための手段を与えた
あなたに感謝の眼差しで
寂しい空間を埋めることが出来たなら

付き合うほどに煮詰まる答えは
永遠という質問 almost your love
伝える頃はどんな悲しみも
笑顔のままでいられるだろう…

これ以上無意味な時間が
二人の元に現れないように
僕はあなたの未来を隠し持って祈ろう
心が望んでいた形ではなくても
一人でそっと祈ろう

蒼き春を越えて

カテゴリ:Others

07/02

校庭から幾つの幼さが旅立つ
迷うと知りながら何を学ぶのだろう
夢が重くても潰されないように
貫ける力をどうか忘れないで

蒼き春を越えて走り出せ
戸惑ってる暇はない
永久に輝く明日の朝陽の元へ

少年の君ならば
倒れるのには早すぎる
望みの種が蕾を開く時まで
Never stop!

一体あの涙は汗と混ざり合って
強さの元素へと変化しただろうか
今は未熟でも笑みは褪せないで
立ち向かう瞳はどうかぼやけないで

蒼き春を越えて降り注ぐ
唐突な非難の雨が止んだ後に
照りつける太陽を呼んで

少年の君だけが
隠し持つ机上の空論に
鮮やかな花が誇る最高の日まで
Never stop!

蒼き春を越えて飛び出せる
余裕の笑みを弾ませて
限界も感じさせない鼓動を胸に

いつだって心にない試練こそ
自我の強さを高める
だからと言って露知れず自惚れないで
Never stop!

諦めを下すのも
勇気がいると分かってる
出来る限り生き抜いて倒れる日まで
Never stop!

流れ星

カテゴリ:Others

07/02

煌く空に僕は願いをかけて
静かに微笑んだ
愛しき人がいる場所に向けて
僕はしずかに微笑んだ

綺麗な空の下で
君と並んで見上げた星空
あの時より大きく輝くあの星は
君の星なのかな?

夜空にひときわ大きく光る星
君に向けて僕は微笑んだ
心配する君に向けて
僕は前に進んで行くよと

鮮やかな空に僕は願いをかけて
静かに微笑んだ
すべてを忘れて強く生きる勇気をくださいと
僕は願いをかけた


素敵な空を見た
君の星が流れ星となって落ちていった
「忘れてもいいんだね?」僕は一人つぶやいた
微笑む僕の目が涙でかすんだ

夜空にあった君の星
僕の前から消えた君
霞む目をぬぐい
僕は君の星があった場所をもう一度見る

華麗な空に僕は願いをかけて
静かに微笑んだ
すべてを背負って強く生きる勇気をくださいと
僕は願いをかけた

煌いた空が明るくなっていく
君がいた場所をもう一度見て
僕は君の星に背を向けた
明日へ歩き出すために

流れ星

カテゴリ:Others

07/02

煌く空に僕は願いをかけて
静かに微笑んだ
愛しき人がいる場所に向けて
僕はしずかに微笑んだ

綺麗な空の下で
君と並んで見上げた星空
あの時より大きく輝くあの星は
君の星なのかな?

夜空にひときわ大きく光る星
君に向けて僕は微笑んだ
心配する君に向けて
僕は前に進んで行くよと

鮮やかな空に僕は願いをかけて
静かに微笑んだ
すべてを忘れて強く生きる勇気をくださいと
僕は願いをかけた


素敵な空を見た
君の星が流れ星となって落ちていった
「忘れてもいいんだね?」僕は一人つぶやいた
微笑む僕の目が涙でかすんだ

夜空にあった君の星
僕の前から消えた君
霞む目をぬぐい
僕は君の星があった場所をもう一度見る

華麗な空に僕は願いをかけて
静かに微笑んだ
すべてを背負って強く生きる勇気をくださいと
僕は願いをかけた

煌いた空が明るくなっていく
君がいた場所をもう一度見て
僕は君の星に背を向けた
明日へ歩き出すために

風にたとえて

カテゴリ:Others

07/01

夢の中で自分の隠し事がばれたんだ
起きた後直に不安になったんだ
それでも夢は夢のままなんだと改めて気づいた

記憶の中で家族と喧嘩したことを思い出した
それでも側に居てくれるんだ
だから大切な存在だって改めて感じた

期待されるより期待する方が多くなって
自分には信頼が無いんだなって思った
別に他人の為の何かになろうとは思ってないんだ
それでも誰かに頼られたい気持ちがどっかにあるんだ

記憶は少しずつ風に飛ばされていくけど
拾うことより飛ばされないように
丈夫に作ることの方が大事なんだって事いつも思ってる

風は少しずつ威力を増していくけど
逃げることより助ける事が大事
皆そうやって新しい事を記憶に焼付けるんだ

いつかは自由になるんだって思っていたら
人に頼られる為に努力できる それが
『夢』のままにならない様に前に進むんだ
風に吹かれても 雨に打たれても
進むほうが大切なんだ
思うことよりも 助ける事が大事なんだ
だから前に進もうぜ

?

カテゴリ:Others

07/01

何をして 何を見て 何を決めた
広げたこの手の上には 何もない
幼くて 未熟だった 僕の前には
まだ無数のDREAM WAY 広がってたのに

無邪気で 小さな あの頃から
一体 何年経ちましたか?
こんなに 大きく なった僕が
いま踏み始めた 夢への一歩

心に決めたんだ この道を進むこと
何が待っていたって 引き返さない 立ち向かうこと
何も持たず ここまで来たよ
持っているもの それは勇気だけ さぁ行こう!
僕の描く夢へ

立ち止まって 前を見て 考えてた
道の先 分かれ道が あったらどうする?

成功と 失敗が 紙一重
どっちも 未来に 繋がってるけど
こんなに 大きな 僕だって
怖いけど At challenge only now

心に決めたんだ この道を進むこと
何が待っていたって 引き返さない 立ち向かうこと
僕が夢を 掴む時を
待っている 諦めないで さぁ行こう!  
僕の描く夢へ

先にある 苦悩なんか 気にしないで
無我夢中で 夢を追った 僕の人生
幼くて 未熟だった あの頃から
続いているDREAM WAY 振り返り 笑みをこぼした   

?

カテゴリ:Others

07/01

何をして 何を見て 何を決めた
広げたこの手の上には 何もない
幼くて 未熟だった 僕の前には
まだ無数のDREAM WAY 広がってたのに

無邪気で 小さな あの頃から
一体 何年経ちましたか?
こんなに 大きく なった僕が
いま踏み始めた 夢への一歩

心に決めたんだ この道を進むこと
何が待っていたって 引き返さない 立ち向かうこと
何も持たず ここまで来たよ
持っているもの それは勇気だけ さぁ行こう!
僕の描く夢へ

立ち止まって 前を見て 考えてた
道の先 分かれ道が あったらどうする?

成功と 失敗が 紙一重
どっちも 未来に 繋がってるけど
こんなに 大きな 僕だって
怖いけど At challenge only now

心に決めたんだ この道を進むこと
何が待っていたって 引き返さない 立ち向かうこと
僕が夢を 掴む時を
待っている 諦めないで さぁ行こう!  
僕の描く夢へ

先にある 苦悩なんか 気にしないで
無我夢中で 夢を追った 僕の人生
幼くて 未熟だった あの頃から
続いているDREAM WAY 振り返り 笑みをこぼした   
トップへ | 

カウンター

検索フォーム

FC2ランキング

プロフィール

リンク

gremz

夢を叶えるための名言集

星が見える名言集100

ねこ時計(学校編)

カウンター

とも申請フォーム

過去記事(ログ)スクロール

最近の記事

最近のコメント

ジャンル

天気予報

レベルアップ

お天気パーツ

読書カレンダーBLACK

Archiveα+Daycount

Time is Money

プレスブログ

Yahoo!ログール

インターネット募金

リンク

メールフォーム

オンラインカウンター

国盗りカウンター

カウントアップカウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。